客室乗務員の知られざる秘密10

空の旅のお得な裏技。空の旅はお好きですか?それとも飛ぶのは嫌い?どちらの人も、きっと知らないであろう秘密をお教えしましょう!年中空を飛び続けている専門家、客室乗務員のみなさんに意見を伺いました。

現代の私たちは誰もが旅の達人。朝コンビニにいくかのごとく、異国へと旅をすることができます。飛行機に乗りなれたという人でも、その裏側を知ることができれば色々とお得ですよ。機内で働く人にとっても仕事がしやすくなるようなWin-winの裏技をご紹介!

タイムスタンプ

1.その昔、客室乗務員は男性ばかりだった 1:21
2.給仕係ではなく機長の補助係 2:36
3.フライトクルーもお客様と同じくらいイライラする 3:25
4.離陸中・着陸中は寝ないように 4:05
5.巡航中に寝るのはグッドアイディア 5:13
6.チキンorフィッシュ? 5:47
7.指示には従えさもなくば... 6:42
8.尾翼側の席が安心 7:45
9.客室乗務員に任せる 8:49
10.プロ直伝 飛行機旅行の裏技 9:18

音楽:
https://www.youtube.com/audiolibrary/music

概要:

-1930年以前、飛行機のクルーは全て男性でしたが、その100年の歴史を経て、女性の多い職業となりました
-客室乗務員の本来の仕事は機長の補助係
-客室乗務員は飛行中の時間給で給料が決まります。飛行中とは飛行機のドアが閉じられた瞬間からのこと
-ベテランの客室乗務員は、離陸中の睡眠をしないようにと注意喚起しています。それは危険だから
-客室乗務員は夜間飛行で食事のサービスを遅らせるなど、乗客が眠れるような工夫をしています
-人気のないフィッシュを勧めるために、乗務員はフィッシュをアピールします
-一部の航空会社の乗務員にはスタンガンが支給されています
-飛ぶのが怖いという人は、統計的により安全な後部座席へどうぞ
-客室乗務員は応急処置とCPRの訓練を受けています。小さな傷や飛行中に頻発する体調不良をケアしてくれます。時には出産の立会いだって
-機内では靴を脱がないように。座席備え付けのテーブルは前の乗客が何に利用したかわかりません。書くためのテーブルならまだよし。中にはオムツを替える人だって。安全のため、消毒剤で殺菌するようにしましょう。客室乗務員に休憩時間はほとんどありません。喉が渇いたときは、呼び出すよりも自ら水をもらいに行くと良いですよ


ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
-------------------------------------------------------------------------------------------
ソーシャルメディア関連
5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
----------------------------------------
声の提供

 さくらい声優事務所
  • rose beer

    飛行機乗ったこと無い(55才)だけど文句あるか?

  • 沙沙貴律

    客室乗務員はcabin crewと呼称されるのが一般的ではないでしょうかcabin attendant、CAと言うのは日本くらい?

  • 嬉恥ずかし

    マナーたったそれだけで人類幸せになれるといったことですね。国家間も此処が基本ですね。

  • m f

    あなたと同じくらい困ってるんです?知らんがな。知ったこっちゃ無い。てめえらが作った運行システムが無能だからだろ。

  • Irasshai Nhật Bản

    台湾のChina Airlineに185cmぐらいの大きなミスターレディ(この言い方は古いけど)がCAやっててビックリしたことある。AirCanadaはいつも最悪。Asianには差別的な対応をするCA?と思ったら、白人にも偉そうだった(^.^)

  • 功野 伸

    飛行機は着陸のとき機首を上げ気味にしてケツから着地するけどアタマから激突するよりはマシだよね。

  • アンコインコウンコエンコオンコ。アンコインコウンコエンコオンコ。

    かの、安部譲二さんは、スチュワードでした。

  • I love Liverpool

    最近の航空会社はチキンorフィッシュなどやらない

  • イルカとシャチが好きなWolf_ Dogs128

    秘密だったらそんな情報が公開されないはずなんだがなぁ。

  • ガメウミ

    後方が安全とは言えない。事故り方によるよね

  • momo momo

    確かに特別とか限定とかゆう言葉には弱いな 笑

  • 羽田野美優

    『ゆっくりお休みなさい。』じゃなくて、『ゆっくりお休み下さいませ。』じゃないの?

  • ussu200miles

    客室乗務員のって、何が?飛行機は素人だが、ほぼすべて当たり前の事じゃない?

  • Sanyotaro

    寝てあげるほうが乗務員の負担が減るという発想はなかった。これからは、寝ることにします。

  • youronyou

    乗る側が得た知識を「勝手にCA側に置き換えた風」なだけ。見るだけ時間の無駄。 明らかに間違っている「知識」もあり、お笑い草。爆笑!これを「社会悪」という。しかしな、多くの方は動画を見た後に、このコメント欄を見る。つまり時間を浪費したあと。この仕組はYouTubeに変えてほしいが、馬鹿だから無理な。

  • すずきたなか

    この動画をフライト前に乗客に見せる非常時に対する対応のビデオのついでに見せる航空会社が出てきたりして(^^;

  • Koshi Osapyon

    いつも持ち込んだウイスキー飲んでおとなしく寝てる

  • Urashima Hanako

    前にオーバーブッキングだったんだろうか、普通にエコノミー(正規でなくディスカウント)だったんだけどなぜかアップグレードしてもらえた。(→ビジネスクラスへ)けど、お隣のおっさんがずっと靴を脱いでてスリッパに履き替えててね、それが臭いのなんのって。。。ひどかったんです。あれ、もし私がプロパの料金払ってビジネスを買ってたとしたらどうしてただろうって考えた。せっかくなのに席は満席。エコノミーで緊急用に空けてあった席(だったのかどうか知りませんが、エコノミーも満席だったので。)に、食事時のみ移動させてもらいました。理由は、CAさんにお話して。それにしても、又、席戻ったら臭いのよね。ずっとエコノミーの席にいようかと思ったけど、一生のうちこれがビジネスに乗る最後のチャンスと思えば、やはりビジネスに戻ったわ。その後、ビジネスには一度も乗ってないけど、いやぁね、マイレージ貯まっても航空券もらうしアップグレードには使わないのでね、あの選択は合ってたんだろうけど、それにしても臭い思いをしました。あれって、もし正規でビジネス料金を出してたとしたら、CAさんに言って靴を履くように隣のオヤジに言ってもらえたのかな?満席だったので席は変えられないのだろうけど、無料でファーストにアップグレードとか?(ファーストは満席って事はないでしょうから)臭い席にずっと座っておけとは言われないよね??

  • 早瀬達也

    後部座席によく座るけど、飲み物も前からですね。後ろから前に行って帰ってくる。後ろから提供されたことは1度もなかったです。あと提供中に乱気流に入り、ベルトサインが出ると提供はそこで終わりなので、なんども飲めなかったことを経験しています。チキンも食べたことないですね(笑)

  • Mr.Window

    確かに尾翼の生存率は高い機首のファーストクラスに乗っていた坂本九は御巣鷹山にめり込んだ

  • jun sira

    💡飛行機を発明した『ライト兄弟』有名です、女性客室乗務員は「機長」👴の補助役なんだね、未だ「飛行機は高すぎて」嫌!「肺」に気を付けて!。🛫🛬

  • Karumano39

    相変わらず大した情報を配信しないチャンネルだな

  • さくら

    あのキャビアテンダントになるにはどうすればいいんですか?

  • 金木研

    スタンガンヒェ━━(.;゚;;∀;゚:,)━━エェエ!!!

客室乗務員だけが知っている10の秘密
海の上での厳しい生活: 航空母艦の8つの事実
パイロットが教える航空の豆知識16
世界中の水族館にホホジロザメがいない理由
1週間何も食べなければどうなるか? 水断食の方法と効果!
(73)【運賃130万円】 JAL国際線 ファーストクラスで帰国【欧州鉄道の旅第43日~44日】ニューヨークJFK空港第1ビル→羽田空港国際線ビル 9/12-01
科学じゃ証明できない、10の超常現象
CAが言いたくない飛行機に関する真実5選
ついに明かされるマジックの種明かし10!
【衝撃】最も豪華なファーストクラス TOP7
頭を粒子加速器に突っ込むとどうなる?
【衝撃】CAとパイロットだけしか知らない秘密 都市伝説じゃなかった!飛行機の裏話
© 2019 Первый канал программа — Программа первого канала, самые актуальные теле передачи смотри онлайн
Все материалы, размещенные на сайте 1tvprograma.ru, взяты из открытых источников (yandex.ru, google.com, youtube.com и прочих общедоступных ресурсов), принадлежат их владельцам и предоставляются исключительно в ознакомительных целях.